朝比奈祐未 琉球悦楽ー終わりなき碧の目眩ー

女流作家・祐未は次作の構想のため、琉球の地を訪れた。広がる青い海、頬をなでる暖かい風、都会の喧騒に鬱屈を感じていた彼女はその神秘的な心地よさに大胆なまでに精神と身体が解放されていく。創作意欲は極限まで研ぎ澄まされ、いつしか想像の世界の主人公は現実の祐未とシンクロし、様々な悦楽の痴態を繰り広げていく…。

朝比奈祐未