僕を不憫に思った義理の母ちゃんがまさかの素股OK!4

こっぴどくフラれてしまった義息の政人。彼女がいない淋しさをオナニーで紛らわす政人を不憫に思った母の沙織は、ある提案をする。「素股までならしてあげてもいいよ」と。思わず耳を疑った政人だが、沙織の好意を無下にすることもできず、突飛な提案を受け入れてしまう。素股する度にヌメりだす恥部に、ムクムクと欲望が湧き上がり…わざとクリトリスに当たるように腰を動かし始めた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする